1. TOP
  2. スキンケア
  3. 家庭用脱毛器のジュール数を徹底比較!効果(パワー)で選ぶならコレ

家庭用脱毛器のジュール数を徹底比較!効果(パワー)で選ぶならコレ

 2022/03/17 スキンケア
 
脱毛器ジュール比較

家庭用脱毛器の効果は、MAXパワーを表す「ジュール(最大出力)」の数値を参考にしましょう。

ジュールはエネルギーや電力量の単位。つまりジュールの数値が大きいほど、パワフルな脱毛器ということになります。

非公開の脱毛器もありますが、比較表にしてみたので参考にしてください。

 

家庭用脱毛器のジュール(最大出力)を比較した結果

ジュールの数値は各脱毛器の販売ページに記載されています。

脱毛器によって照射面積が違うので、ジュールの数値を比較する際は「cm2(平方センチメートル)あたり」をチェックしてください。

家庭用脱毛器 ジュール(最大出力)比較
脱毛器 価格 1照射 ㎠当たり
トリア
トリア
48,000円 22ジュール 22ジュール
ケノン
ケノン
69,800円 非公開 非公開
ミュゼ
ミュゼ
79,200円 非公開 非公開
脱毛ラボ
脱毛ラボ
ホームエディション
71,478円 10ジュール 2.9ジュール
ブラウン シルクエキスパート
ブラウン
シルク・エキスパート
85,580円 18ジュール 6ジュール
ヤーマン レイボーテRフラッシュ
ヤーマン
レイボーテRフラッシュ
46,200円 非公開 非公開
 pure fit
スムーズスキン
pure fit
46,200円 18ジュール 6ジュール
yapafa
yapafa
サファイアMAX
20,999円 14ジュール 4.24ジュール
Clalufa
Clalufa
13,999円 17ジュール 4.25ジュール
Salisi
Salisi
AI-01
12,980円 20ジュール 5.1ジュール
fasiz
fasiz
11,800円 18ジュール 6ジュール

 

ジュール数(cm2当たり)を比較してみると、レーザー方式を採用しているトリアが22ジュールと他の脱毛器を大きく上回る結果となりました。

1位 トリア ⇒ 22ジュール/cm2

2位 シルクエキスパート ⇒ 6ジュール/cm2

2位 スムーズスキン ⇒ 6ジュール/cm2

2位 fasiz ⇒ 6ジュール/cm2

続いてシルクエキスパート、スムーズスキン、fasizgaの3機種が6ジュールで続きます。

ただ光方式(IPL)では4~6ジュールの脱毛器が多く、思ったほど照射パワーに違いはないようです。

 

ちなみに人気のケノン、ミュゼは販売ページにジュール数の記載がなく、メーカーに問い合わせてみましたが「非公開」という回答でした。

 

【1位】トリア パーソナルレーザー脱毛器 4X

トリア レーザー脱毛器

トリアは医療脱毛と同じレーザー方式を採用した唯一の家庭用脱毛器です。

最大22ジュールの照射パワーがあり、ムダ毛の濃い部位でも高い脱毛効果が期待できます。

光脱毛方式に比べより早く効果を実感できるので、脱毛スピードや効果を重要視したい方におすすめです。

脱毛方式 レーザー脱毛
価格 48,000円(税込)
照射出力 22J/㎠
照射面積 1.0㎠
照射レベル 5段階
照射回数 無制限
カートリッジ交換 不要
返金保証 30日間
メーカー保証期間 2年

トリア パーソナルレーザー4Xの詳細はこちら

 

【2位】ブラウン シルクエキスパート

ブラウン シルクエキスパート

シルクエキスパートは、光脱毛器ではトップクラスの6ジュール/㎠のパワーがあります。

肌の色を認識して10段階の照射レベルに自動調節してくれるので、簡単・安全な脱毛が可能です。

連続モードと単発モードの切り替え式で、連続モードならより短時間でお手入れができます。

脱毛方式 フラッシュ(光)脱毛
価格 85,580円(オープン価格)
照射出力 6J/㎠
照射面積 3.0㎠(通常ヘッド)
照射レベル 自動10段階
照射回数 40万回
カートリッジ交換 なし
返金保証 90日間
メーカー保証期間  1年

ブラウン シルクエキスパートの詳細はこちら

 

【2位】スムーズスキン pure fit

スムーズスキン pure fit

スムーズスキン pure fitも6ジュール/㎠と光脱毛器でトップクラスのパワーがあります。

肌の色に合わせた自動調節機能(10段階)、ムダ毛の濃さや脱毛範囲で選べる3つの照射モード、連続照射機能などどを搭載、ユーザーのニーズに合わせたお手入れが可能です。

照射回数も100万回(全身使用で19年が目安)とコストパフォーマンスのよさも魅力です。

脱毛方式 フラッシュ(光)脱毛
価格 46,200円
照射出力 6J/㎠
照射面積 3.0㎠
照射レベル 自動10段階
照射回数 100万回
カートリッジ交換 なし
返金保証 なし
メーカー保証期間  2年

スムーズスキンpurefitの詳細はこちら

 

【2位】fasiz

fasiz 脱毛器

低価格帯ながらfasizの脱毛器も最大6ジュール/㎠のパワーを誇ります。

5段階レベル調整、連続照射機能の他に、照射時の痛みを軽減する冷却クーリング機能を搭載しています。

お手頃な価格なので、脱毛器初心者や気軽に脱毛をはじめたいという方におすすめです。

脱毛方式 フラッシュ(光)脱毛
価格 11,800円
照射出力 6J/㎠
照射面積 3.0㎠
照射レベル 5段階
照射回数 50万回
カートリッジ交換 なし
返金保証 なし
メーカー保証期間  1年

fasiz脱毛器の詳細はこちら

 

【番外編】ケノン

ケノン

照射出力は非公開のケノンですが、脱毛効果を売りにしていることから6ジュール/㎠程度のパワーはあると推測されます。

※公式サイトを見ると、出力を上げるために国産コンデンサを4台搭載していると記載されています

脱毛力重視のストロングカートリッジをはじめ、用途に合わせて6種類のカートリッジが用意されているのもポイントです。

脱毛方式 フラッシュ(光)脱毛
価格 69,800円
照射出力 推定6J/㎠
照射面積 7㎠
照射レベル 10段階
照射回数 50万回(レベル10)
カートリッジ交換 あり
返金保証 なし
メーカー保証期間  最大2年

ケノンの詳細はこちら

 

レーザー脱毛とフラッシュ脱毛(光脱毛)の違い

レーザー脱毛とは医療機関の脱毛技術です。レーザーが肌に反射することなく毛根までしっかり届くため、脱毛効果が高いのが特徴です。

レーザー脱毛

 

これに対し、ほとんどの家庭用脱毛器が採用しているのは「光脱毛方式」です。(フラッシュ脱毛、IPL脱毛、エステ脱毛ともいわれます)

レーザー脱毛に比べて脱毛効果は落ちますが、照射面積が広いので短時間でお手入れできるメリットがあります。

光脱毛

 

効果(照射パワー)で脱毛器を選ぶならトリア(tria)がおすすめ

トリア脱毛器

しっかり脱毛したい人、短期間で脱毛したい人は、最大出力(ジュール)の高いトリアをチェックしておきましょう。

一般的な家庭用脱毛器の3~4倍のパワーがあるので、効果の実感が早く、お手入れの回数も少なくて済みます

 

パワーが強い反面「痛みを感じやすい!」といわれているトリアですが、ムダ毛の濃さに合わせて照射レベルを調整すれば問題ありませんでした。

ちなみに保冷剤で冷やしながら照射することで痛みはだいぶ軽減できます。

 

トリアは照射レベルを5段階で調整可能

トリアは照射レベルを5段階で調整可能

上の画像は一番弱いレベル1。

ムダ毛の濃さに合わせて照射できるよう5段階で設定できます。

レベル1 ⇒ 7ジュール
レベル5 ⇒ 22ジュール

ムダ毛が元気なうちはレベル1で、ムダ毛が細くなってきたら少しづつ照射レベルを上げていきます。

 

参考までに私の場合、腕や足は最大出力のレベル5でも痛みはほとんどなし。

ムダ毛の濃いワキやVラインはレベル3で照射しています。

 

痛みにガマンできなければ返金も可能

トリア 返金保証

トリアを実際に使ってみて、どうしても痛みにガマンができない場合は30日間の返金保証制度があります。

 

高額なお買い物に迷っていた私の背中を押してくれたのがこの返金保証でした^^

「とりあえず試してみたい!」という人も安心ですね。

【30日間返金保証あり】トリアの詳細はこちら

 

\ SNSでシェアしよう! /

美ママの日記【ビューティエイジング】の注目記事を受け取ろう

脱毛器ジュール比較

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美ママの日記【ビューティエイジング】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Yukino

Yukino

【日本化粧品検定 1級資格保持者】40代主婦、化粧品メーカーに勤務しています。

この人が書いた記事  記事一覧

  • マイトレックスヘッドスパで抜け毛対策はできる?

  • 家庭用脱毛器のジュール数を徹底比較!効果(パワー)で選ぶならコレ

  • リバイブとリバイブミニどっちを選ぶ?店頭で違いを比較したみた結果…

  • VIOフェリエ(ES-WV60)はチクチクしない?口コミや使い方を徹底解説